• ホーム
  • クリニックでのAGA治療、何をするの?

クリニックでのAGA治療、何をするの?

AGAの症状で悩んでいるという方も多くいるかもしれません。
ハゲの問題は周りから見ると大きな問題ではないと思われることもありますが、本人にとっては重要なことです。
その問題を解決するために、1人で悩むのではなく早めにクリニックへ行くことも大切です。
1人でハゲについて悩んでいたとしても、症状が解決することはありません。
市販の育毛剤などを使う方法もありますが、根本的に問題を解決したいならクリニックへ行くようにしましょう。

クリニックへ行くかどうか迷っている方の中には、AGAの治療に関する理由をあげる方もいます。
治療内容がわからないことによる不安から、クリニックへ行くことをためらっている方も多いのです。
そこで治療を受けるか迷っている場合には、実際にどのような治療が行われているのか調べてみましょう。

治療と聞くと外科的な処置をイメージする方も多くいますが、AGAでは投薬がメインです。
飲み薬などを活用することで、AGAの症状を改善できます。
投薬治療が行われると言われても、本当に効果があるのか疑問に思う方もいるかもしれません。
そのような場合には、実際にクリニックへ行って治療を受けた方の意見を調べてみましょう。
治療を受けた方が効果を実感しているとわかれば、安心して受診しやすくなります。

またAGAの治療における効果を考える場合には、クリニックへ行く時期も大きく関わってきます。
症状が進行していると、薬を飲んでも効果が出にくいのです。
高い効果を期待したいのであれば、ハゲの症状が出始めたら早めにクリニックで相談することが必要です。

実際にどのような形で治療が進められるのかという点は、利用するクリニックによっても差が出ます。
無料カウンセリングなどにも対応しているところもあるため、治療内容に興味があれば一度相談へ行ってみましょう。
相談してみることで、具体的な説明を聞いたうえで治療を受けるかどうか決められます。

AGA治療はやめるとまたハゲる?

AGAの治療は継続して行わないと効果がなくなってしまい薄毛が進行してしまいます。
これは進行性の症状だからです。
薬で脱毛が止まって発毛や育毛が進んでいる状態なので何もしなければハゲになってしまう可能性もあります。
クリニックでは適切な処置をしてくれますが、あくまでも治療を継続していく事でAGAを食い止めている事を理解する事が重要です。
ですから効果を実感して途中でやめてしまうと、治療前の状態に戻ってしまう事もあるのです。

症状の進行を食い止めていい状態を作り出しているので、完治させる事は非常に難しいので継続治療が重要になります。
完治させる事が出来ない大きな理由は影響している物資があるからです。
その物資の影響を消し去る事は出来ないので、完治させる事が出来ません。

治療内容は頭皮への注入や飲み薬などが代表的なものでクリニックによって併用して行ったり、飲み薬だけの所もありますが患者に1番効果的な薬が使われます。
複数の薬を同時に使う事で進行を食い止めるのが効果的で医師の指示で使う薬や期間を決めるのが重要です。

治療はいい結果が出ているのであれば継続して行っていくのが基本路線になります。
ただすぐにフサフサになるわけではないので、短期間でやめてしまえばハゲになる可能性は高まります。
ここで大事になってくるのが毛の生えてくるサイクルで、発毛するには最低でも半年は様子を見ないといけません。
半年以上経過して1年程度経過してもあまり変化がないようであればその治療は適していないのでやめた方がいいかもしれません。

やめる時期は自己判断ではなくてあくまでも治療の途中経過をきちんと見ている医者の判断が大事になります。
せっかくいい兆候が出ているのにやめてしまうとハゲてしまうからです。

関連記事