• ホーム
  • 育毛シャンプーの効果とメカニズム

育毛シャンプーの効果とメカニズム

育毛シャンプーと呼ばれるものが販売していますが、名前の通り育毛効果はあるのでしょうか。
育毛剤としても知名度の高いリアップも育毛シャンプーを販売していますが、シャンプーは医薬品ではないため直接的に育毛効果のある成分は配合していません。
つまり使ったからといってすぐに発毛したり、薄毛が改善するというわけではありません。
ですが育毛剤と合わせて使うことで、その効果がアップすることに期待できます。

発毛をするメカニズムを考えてみると分かりますが、髪を生やすために必要なことというのは必要な栄養を与えることだけではありません。
頭皮環境が乱れていてはどれだけ栄養を与えても髪は育ちませんし、抜け毛も抑えられません。
育毛シャンプーは育毛剤の前段階として、頭皮環境を整えるために必要なものです。
効果の期待できる成分としてよく配合されているのが抗炎症作用、抗菌作用、保湿成分、皮脂を抑制する成分です。

薄毛が気になる人の頭皮は皮膚の炎症や乾燥、過剰な皮脂分泌のような肌トラブルが起きています。
頭皮が荒れていては、せっかくの育毛剤の効果も半減してしまいます。
これらの症状を改善することで髪の毛が生えやすい環境を作るのが育毛シャンプーなのです。
また一般的なシャンプーでは洗浄力が強すぎてさらなる肌トラブルを引き起こしやすいため、肌に優しい成分を配合しています。
そのため肌がデリケートな人でも、安心して使うことができるのです。

育毛シャンプーに変えることで頭皮環境が整ってくると、薄毛の原因も改善するため髪の毛が育ちやすくなります。
個人差はありますが、そのため育毛シャンプーで髪の毛が生えるようになったと感じられる人がいるのです。
育毛シャンプーは一般的なシャンプーよりも高価ですし、使うならその効果を発揮させたいです。
ただ何となく使うのではなく、育毛シャンプーで洗う時にはコツも必要になってきます。
育毛シャンプーを使う前には、ブラッシングをして髪についた汚れやホコリを取り除くことから始めましょう。

シャンプーの前にブラシで髪を解かそう

育毛シャンプーを使用するなら、事前にブラシで髪を解かしておきましょう。
ブラッシングは髪の流れを整えるだけでなく、ホコリを落とすメリットもあります。
汚れがひどいとシャンプーの泡立ちが悪くなり、皮脂や汚れを完全に除去するのが難しくなります。
洗髪を2回すればスッキリと汚れを除去できますが、1回の洗髪に留めるならブラッシングが必要です。
育毛シャンプーの洗浄力を高めて、リアップなどの発毛剤の浸透性をよくできます。

毛穴に汚れを詰まらせないためにも、シャンプーで皮脂を落としてください。
毛母細胞を活性化させることが発毛のメカニズムであり、そのためには発毛剤を毛乳頭に届かせる必要があります。
皮膚表面に発毛成分が浮いている状態だと、思うような効果を発揮できませんから、リアップを私用する前には育毛シャンプーで汚れを落としてください。
シャンプー前にブラシを使うことで、髪のほつれを解消できます。
ほつれた状態で洗髪をすると、抜け毛が増える要因になるので注意です。

毎日シャンプーを使用して洗髪している方は、その日によって洗浄力が違うと実感することがあるでしょう。
いつもワンプッシュのシャンプーを使用しているのに、泡立ちがよい日もあれば悪い日もあり、原因がわからないという方は多いです。
この原因のほとんどは頭皮と髪の汚れにあり、例えば正常肌よりもオイリー肌のほうが泡立ちは悪くなるため、必要に応じて二度洗いをしてください。
もしくはブラッシング後に予洗いをして、皮脂やホコリを大まかに除去してから洗髪するのもよいです。
育毛シャンプーの効果をフルに発揮させるためにはモコモコの泡を作ることが大切なので、泡立ちを気にして洗髪をしてみてください。

関連記事